朝倉商店 Maruka Asakura Shoten

安全と真心をお届けします。 会社案内

朝倉商店の歴史/沿革

朝倉商店の歴史

創業者である朝倉富次は、大正12年網走に渡り20歳で海産商を開業し、事業開始。
当事の網走は漁業の開拓期でもあり、誰にも負けないという信念を持ち、事業確立に専念。
鮮魚問屋から、海上運送事業を始め、加工業、底曳網漁業へと事業規模を拡大。
そして、現在の朝倉商店の経営基盤を形成。
2代目朝倉昇は、創業者である富次が築いた基盤の上、沖合底曳船による底曳網漁業を強化。
決して浮利を追わず堅実な経営を貫き、地歩を固め、地元網走に根付く朝倉商店を築く。
平成20年、3代目朝倉一好が代表取締役に就任。
自社での漁業、水産加工業を両輪とした事業展開を目指す。
ホッケのブランド化・ホッケを使った商品開発事業を開始。
※ 経済産業省 農林水産省 地域産業資源活用事業計画認定
また、同時に流通面を強化し、自社販路の拡大を目指す。

沿革

大正12年 朝倉富次が網走にて鮮魚問屋として創業。
昭和2年 マルカ朝倉富次商店と名称を定める。
運搬船を購入し、鮮魚の海上運送を始める。
昭和15年 ちくわ製造、塩干魚の製造等の水産加工業に進出。
昭和25年 底曳網漁業を開始。
昭和32年 自社冷凍工場を建設。
運搬船事業開始。(昭和41年まで)
昭和35年 株式会社を設立。名称を株式会社マルカ朝倉商店とする。
朝倉富次 代表取締役就任。
昭和36年 冷凍すり身製造開始。
昭和45年 資本金を1000万円に増資。
昭和48年 資本金を2000万円に増資。
昭和52年 朝倉昇 代表取締役就任 。
昭和61年 第十八昇陽丸 減船。(一隻体制へ)
平成4年 食品工場 全面建替え。
平成16年 第八昇陽丸(160t型沖合底曳網漁船)竣工。
平成20年 朝倉一好が3代目代表取締役に就任。
ページ先頭へ